久々にお出掛け。
母と人形町へ。
hum、人形町デビュー(再び行くかわからんが)。
0665f918.jpg

humが通った「無料着付け教室」の学校が主催する「美術展示会」が
人形町の「明治座」6Fでひらかれまして。

日本中の紬、絣、縮、などなど47品目の織物が展示されておりました。<
一生のうちでこの日しか見られなさそうな500万円以上の品も…!!

高い着物って買っても、もったいなくて着れないだろうし<
【全く興味ない】と思ってるはずなのに
着たら気持ちいいだろうなぁと一瞬考えました…
値段が高いだけあって、肌触りも柄も素敵ざんス。

そして、反物屋の販売もあるわけでございまして。
「押し売りされたりしないから、存分に羽織ったり触ったりできますよ」
と説明されていたんだが、とてもじゃないけどそんな雰囲気ではなかったね。
職人さんとお客とのバトルが繰り広げられてててててて…
その隙間を縫うように母と逃げ帰って参りました。いやはや。

販売はともかく、展示はよかったでし。
「日本人の仕事ってかっこいい!!!」と安易に感動できました。

人形町も素敵だね。
もっともっと昔のままの風景だったらどんなにかいいことか、と感じたよ。
染物屋や仕立て屋、洗い張り屋、和雑貨店、茶店、人形焼etc…

けど、「明治座」が普通のでかいビルだったのがショック。
もっとレトロででっかい素敵な建物だと思っていたので。
そのうちお芝居も見てみたいなぁ。